同志社 義彦会 公式ホームページ

義彦会 会則

同志社 義彦会 規約

第1条(名称)
本会は、同志社 義彦会と称する。

第2条(事務所)
本会は、その事務所を 佐藤法律事務所(京都市上京区寺町通今出川上ル表町32キルトハウス203号) に置く。

第3条(目的)
本会は、同志社大学法学部佐藤義彦ゼミに所属していた者および同大学大学院法学研究科で佐藤義彦先生の指導を受けたことのある者の相互の交流親睦を図り、独自の文化活動を行うことを目的とする。

第4条(事業)
前条の目的を達成するため、本会は、次の事業を行う。
1 定例または臨時の総会の開催
2 在学生との交流を企図する事業
3 講演会、講座、その他の文化的活動
4 その他幹事会が適当と認めた事業

第5条(会員)
本会の会員は次のとおりとする。
1 同志社大学法学部佐藤義彦ゼミに所属していた者
2 同志社大学大学院法学研究科の各課程に所属し佐藤義彦先生の指導を受けた者
3 その他、本会幹事会が会員資格を授与することを適当と認めた者 

第6条(総会) 
(1) 総会は、これを年1回開催することを原則とする。
(2) 総会の開催は、幹事会が決定する。
(3) 総会は、事業方針の承認、計算書類の承認その他重要事項を決定する。

第7条(役員)
(1) 本会は次の役員を置く。
1 会長
2 幹事 
3 監査委員 
(2) 会長は、本会を代表し、会務を統括する。
(3) 幹事は、会員中より選出され、幹事会を構成し、日常の会運営に責任をもつ。
(4) 監査委員は、本会の会計を監査し、その適否を総会に報告しなければならない。

第8条(会長)
(1) 総会において、会長を1名選出する。
(2) 会長の任期は、選任後2年以内に終了する年度のうち最終のものに関する総会の終結の時までとする。但し、再任は妨げない。

第9条(幹事)
(1) 幹事は、総会において5名以上選出することを要する。
(2) 幹事の任期は、選任後2年以内に終了する年度のうち最終のものに関する総会の終結の時までとする。但し、再任を妨げない。

第10条(幹事会)
(1) 幹事会は、第7条第1項各号の役員をもって構成し、会長若しくはその指名する幹事がこれを召集する。
(2) 幹事会は、本会の業務執行を決定する。
(3) 幹事会は、各年度の事業方針の決定および計算書類の作成をし、総会の承認を得なければならない。
(4) 幹事会の決議は、出席した会長及び幹事の過半数の賛成で成立する。

第11条(監査委員)
(1) 監査委員は、総会において1名選出する。
(2) 監査委員の任期は、選任後2年以内に終了する年度のうち最終のものに関する総会の終結の時までとする。但し、再任を妨げない。

第12条(解任)
会長その他の役員は、任期途中であっても、幹事会の決議で解任される。

第13条(会費)
本会は会費を徴収しない。総会、懇親会等からの余剰金は、次年度に繰り越すこととする。

第14条(会計年度)
本会の会計年度は、毎年1月1日より同年12月末日までとする。

第15条(規約の変更)
本会の規約の変更は、幹事会の発議により、総会の承認を得ることを要する。

附則
本規約は2009年4月11日から施行する。

同志社 義彦会 公式ホームページ